ブログカテゴリアーカイブ: ツイッター

ツイッターが「おすすめユーザーのカスタマイズ」をする

ツイッターを利用していると
http://www.twitter.com/
の画面に「おすすめユーザー」って表示されますよね。

このおすすめユーザー、今までは国によっては
全てのツイッターユーザーに対して
同じユーザーをおすすめしていたらしいんですね。

で、このおすすめユーザーをカスタマイズする機能を
ツイッターが提供し始めたようです。

使い方は簡単で、設定のユーザー情報にある
「おすすめユーザーのカスタマイズ」を
チェックするだけでOKです。

というよりも、知らない間にこの項目が追加され、
初期状態ではチェックされていると思います。

これ、どういう仕組みかっていうと、
いろんなサイトやブログなんかに
ツイッター関連ボタンがありますよね。

あれを通じて、どんな人がどんなサイトを見ているのか、
ツイッターが情報収集しているみたいなんですね。

で、あなたがよく見るサイトやブログを
よく見ているユーザーが多くフォローしているアカウントを
おすすめユーザーとして表示させる、ということらしいです。

設定画面に
「最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする」
と書いてあるのはそういう事らしいです。

もちろんこのチェック、外すことも可能なのです。

ということで、おすすめユーザー、
ちょっと意識して見ると面白いですね。

2012年05月18日 | 固有リンク |

企業やお店がツイッターアカウントを持つべき意外な理由

これだけツイッターが普及すると、
企業でのツイッター利用も普及してきた感があります。

「企業もツイッターを活用して集客に活用しましょう!」
という話しも、最近本当によく聞くようになりました。

というか、一段落したって感じですよね。

確かに集客という観点からも、ツイッターは有効です。

フォロワーを増やし、多くのフォロワーに対して情報発信する、
という旧来の手法もありますよね。

また、リツイートしたくなるような話題を提供することで、
口コミで広げる、という手法もあります。

このように企業がツイッターを利用するメリットは多くあります。
しかし、これ以外に見落とされがちな理由があります。

それは何かというと

■お客様からの窓口としてのツイッター

これはどういうことかというと、
ツイッターってコミュニケーションするのが
非常に簡単で、敷居が低いんです。

だから、気軽にコミュニケーションがしやすい、
という特徴があります。

匿名でもOKで、顔写真を出さなくてもOKな
ツイッターならではですね。

ということはどういうことかというと、
お客様が企業にコミュニケーションするにも
非常に簡単で、敷居が低いということなんです。

例えば。

あるケーキ屋からケーキを買ってお家で食べておいしかった場合、
「おいしかったです!」
って電話をケーキ屋さんにしませんよね?
メールにしてもそうです。

しかし、ツイッターならどうですか。
あそこのケーキおいしかった、というつぶやき、
ツイッター上であなたも見たことありませんか?

ということは、ケーキの箱にケーキ屋さんの
ツイッターアカウントが記載された紙が入っていれば
お客さんから「おいしかったです!」っていうつぶやき
直接もらえる可能性って高いですよね。

そのようにつぶやいてもらえれば、
お客さんのフォロワーにも広がりますよね?

このように、お客様から気軽に連絡をしてもらうためにも
企業はツイッターアカウントを持つべきなのです。

あなたの会社やお店で電話って用意してありますよね?
Faxも大体のところが用意しているはずです。
電子メールも最近は用意されてくるようになりました。

それと同じように、ツイッターも用意するべきなんです。

宣伝・集客のツールとしてだけではなく、
お客様から連絡してもらう手段と考えると、これからは
企業やお店がツイッターアカウントを用意するのは必須ですよ。

2012年04月18日 | 固有リンク |

facebookではできないtwitter/ツイッターの特徴:トレンド分析

facebookではできないtwitter/ツイッターの特徴は
いろいろありますが、その1つにトレンド分析があります。

というのも、facebookはその特性上、
全ての情報をクローズしなければいけません。

facebookで、全体的に、何か話題になってるの?
もしくは、話題のこのトピックスでfacebookでは
どんな発言があるの?

こういうトレンド分析は、facebookの場合、お手上げです。

あくまでも友達とのつながりが重要ですから、
友達の情報しか見れないわけです。

facebook全体で、というトレンド分析はできないわけです。

こんな時は、twitter/ツイッターが向いています。

もちろん非公開設定のアカウントのつぶやきは見ることができませんが、
基本的には誰のつぶやきでも見ることができるのが、
twitter/ツイッターのいいところです。

あるトピックスに関して、twitter/ツイッター上では
どんな発言がされているのか?

twitter/ツイッター上、どんなキーワードが
よくつぶやかれているのか?

このような全体のトレンド分析や、個別のつぶやき分析は
twitter/ツイッターにしかできません。

ま、何度もいっていますが、twitter/ツイッターもfacebookも適材適所です。
目的に応じて使い分けましょうね。

2012年03月09日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターで情報収集する時の検索小技

twitter/ツイッターは、いろんな人と
コミュニケーションするツールなので、
いろんな人のつぶやきを眺めることができます。

特にfacebookだとできない機能として、
あるトピックスに関するいろんな人のつぶやきを
見たり、収集したり、分析したりする機能があります。

例えば、スマートフォンに関して、ツイッター上
どんな意見や感想、つぶやきがあるのか分析したい時。

■そんな時には【検索】機能が便利です。

使い方は簡単です。
検索窓に興味のあるトピックスに関するキーワードを入力して、
検索ボタンを押すだけ。

先ほどの例だと「スマートフォン」と入力して検索するだけです。

そうすると、twitter/ツイッターで
「スマートフォン」というキーワードが含まれるつぶやきが
一覧に表示されます。

この一覧は自分がフォローしているかどうかに限らず
twitter/ツイッター上の関係あるつぶやきすべてが
一覧に表示されるので、便利です。

しかも、この検索キーワード、
【検索メモ】という機能で保存もできます。

例えば「スマートフォン」というキーワードで
ちょくちょく検索したい場合は、検索メモとして
「スマートフォン」というキーワードを保存すると
あとは選ぶだけで繰り返し検索ができます。

あなたもこれでツイッター上の情報を
上手に収集してくださいね。

2012年02月20日 | 固有リンク |

twitterとfacebookとの一番簡単な連動方法

twitterとfacebook。

どちらか片方しかやっていない、という人は
何の問題もないと思いますが、
両方をやっている人が悩む問題があります。

それは、twitterとfacebookとの連動、です。

どちらかにつぶやいたら、
どちらかにも自動的につぶやかれて欲しい。

つまり、twitterにつぶやいたら、
facebookにも反映してほしい。

facebookにつぶやいたら、
twitterにも反映してほしい。

この、twitterとfacebookとの連動、悩むんですよね。

この問題に対して、実はいろんな解決策があるんですが、
設定がものすごく面倒だったりします。

「連動はさせたいけど、面倒なのはイヤだ!」

そんなアナタにぴったりな方法はこちらです。

http://www.facebook.com/twitter/

ここからならば、facebookとtwitterとの連動が
簡単にできます。

しかし、注意点が1つ。

この設定は、facebookからtwitterへの連動であって、
twitterからfacebookへの連動はできません。

「えー、facebookは個人的なつぶやきが多いから、
 全部のつぶやきがtwitterへ連動されると困る」

安心してください。
twitterに反映されるのは、facebookのつぶやきの
プライバシーレベルが「公開」に設定されているつぶやきだけです。

とにかく面倒なことなく、簡単に連動させたい!
というアナタもぜひこの設定で連動させてくださいね。

2012年01月29日 | 固有リンク |

ツイッターとfacebookのこれから

最近のfacebookの盛り上がり、すごいですね。

最近のfacebookで感じるのは、
今までblogもmixiもtwitterもやっていなかったような人でも
facebookだけはやり始めている人が多い、ということです。

いわゆるアーリーアダプターだけだけではない広がりを感じます。

さて、このような状態だとよく聞かれるのが
「ツイッターとfacebookどっちをやった方がいいですか?」
という質問です。

まあ、これだけfacebookが盛り上がっているのを見ていると
やらないと取り残される感じはしますよね。

結論からいうと、目的によってやった方は異なる、ということです。
できるのであれば、どちらもやることをおすすめしますね。

大きな違いは
facebook:実名、非公開
ツイッター:匿名、公開
ということです。

これにより、facebookでは
「実名だから、本当の知り合いかすぐわかる」
「本当の知り合いだから、反応しやすい」
「反応があるから、さらにfacebookでのめり込む」
という循環が、facebookをさらに盛り上げているように思われます。

「じゃあ、facebookの方がおすすめなの?」
という声が聞こえてきそうですが、先ほどもいったように
目的によって異なります。

facebookの最近の盛り上がりは無視できませんが、
逆にfacebookの苦手な点というのもあります。

それは「非公開」というところです。
facebookでの内容は、良くも悪くも、
facebookで閉じた世界の中に限定されています。

閉じられているから安心して友達に広められる、という点と、
閉じられているからfacebook外へ広められれない、という点があるわけです。

例えば企業や個人が公式に何かを告知する場合など、
facebookは不向きですね。
facebook内部の人しか見れないわけですから。

例えば新製品、新サービス、新しい取り組みの発表など。

これらは、facebookがどんなに進化しても、
facebookがfacebookである限り、
ツイッターの方が向いています。

ということで、もう一度まとめると、
facebookもツイッターも目的に応じて使い分けよう!
ということです。

2011年12月28日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターでつぶやくことがないというあなたへ

ある時はドドドっと、つぶやき、
ある時はしばらくつぶやかない。

そのようなサイクルだと、
つぶやきづらくなってしまいますよね。

あなたのつぶやきを読んでる人よりも
つぶやく本人が気にしてしまい、
あまりにもしばらくぶりだと、
つぶやけなくなることってありませんか?

そんなあなたにおすすめなのがこちら、

■foursquare
http://foursquare.com/

です。

これはiPhoneやAndroidといった、GPS付のスマートフォンがないと
利用できませんが、コンセプトとしては
ある場所にいった記録を残す、というものです。

例えば、あるカフェに入った時に、その記録を
「チェックイン」という形式で残すものです。

例えば、
六本木駅にいって「チェクイン」
スタバに入って「チェックイン」
六本木ヒルズにいって「チェックイン」
という具合です。

これだけ聞くと、何がおもしろいんだろう?と思う人も
いるかもしれませんが、ゲームの要素が盛り込まれて、
地味に熱中します。

あと、後日振り返ると、あーあの日これやったなー、
と簡単な日記代わりにもなる、というメリットもあります。

行った各場所でチェックインするだけで、twitter/ツイッターの
つぶやきと日々の簡単な日記代わりになる foursquare 。
おススメですよ。

■foursquare
http://foursquare.com/

2011年11月28日 | 固有リンク |

ツイッターがiOS5と統合されてiPhone、iPadが更に便利に

iPhone / iPad / iPod 向けの新しいOS
iOS5はツイッターとの連動が進み
更に便利になっています。

これまでツイッターでつぶやくのに
手間がかかっていたものが
簡単につぶやけるようになりました。

例えば、今までは、写真アプリでいい写真が取れたとき、
ツイッターでつぶやくためには、別に、
ツイッター用のアプリを立ち上げてつぶやく必要がありました。

これが、iOS5では写真をとったらそのまま
ツイートというメニューを選んでつぶやけば
ツイッターに反映されます。

これは写真だけではなく、インターネットでおもしろい、
もしくは興味深いページを見つけた時にブラウザーの
Safariのメニューからつぶやけるようになるのです。

しかもiOSの設定で一度ツイッターの
アカウントを設定してしまえば
ずっとこんな感じで便利に使えます。

また、複数アカウントにも対応しているので
複数のアカウントでツイッターを楽しんでいる人も
便利に利用できます。

iOS5での追加設定として、
メールアドレス検索とツイートの位置情報
というものがあります。

メールアドレス検索とは、この機能を有効にしておくと
iOS上の連絡先情報を読み取って、
この人のツイッターアカウントはこれです、
と教えてくれるものです。

自分の設定をオンにしておくと、他の人が
あなたのツイッターアカウントを検索することが
可能になります。

また、ツイートの位置情報はオンにしておくと
ツイートごとに一情報を公開するかどうか
設定することが可能になります。

あたらしいiOS5、ツイッターとの連動が進んで
ますます便利になっていますので、ぜひ使いこなして
くださいね。

2011年10月17日 | 固有リンク |

Twitterの利用率、mixi、Facebookと比べると?

Twitter、mixi、Facebook、最も利用率が高いのはどれ?

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて「3大ソーシャルメディアのユーザーインサイト調査-第2回-」を実施致しました。

モバイル・インターネットWEBでのオンライン調査にて620人を対象に、ソーシャルメディア(Facebook・Twitter・mixi)の利用動向について調査したところ、利用率についてはそれぞれ「Twitter」79.0%、「mixi」73.1%、「Facebook」67.9%だそうです。

Twitterが高いのはもちろんですが、mixiも意外と高いですね。

しかし、最も利用しているものについては?という質問に関してはFacebookが33.5%、Twitterが33.1%、mixiが16.5%という結果だそうです。

Facebookの普及が、急激に広がっているのを感じますね。

また、実名公開のレベルに関する調査では、Facebookでは60.8%が「本名と所属」、33.3%が「本名を公開」という結果に対し、mixiでは9.7%が「本名と所属」、13.9%が「本名を公開」という結果で「知人にわかる範囲のニックネーム」については、Facebookが5.0%、mixiが61.6%という結果だそうです。

まあ、これはFacebook=実名、mixi=ニックネームというスタンスの違いが明確に出ましたね。

最後に、今年6月に発表されたGoogleのソーシャルサービス「Google+」について。認知度が73.7%で、利用率は「登録し定期的に利用している」と「登録しているがほとんど利用していない」を合わせると38.5%だそうです。

詳細なデータはこちらからどうぞ。

http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=887

2011年09月22日 | 固有リンク |

ツイッター、写真投稿機能、公式提供開始!

ツイッターが写真投稿機能を
公式に提供開始しました。

今までは、かたくなに
140文字にこだわってきたツイッターですが、
とうとう写真投稿ができるようになりました。

まあ、いままでもtwitpicなど、
他のサービスを利用することで写真を利用できていましたが、
これからはtwitterだけでOKとなりました。

ただ、これはパソコンから利用する場合のみの話です。

iPhoneなどのスマートフォンや、いわゆる携帯電話からは
twitter.com
へアクセスしても、利用できません。

しかしiPhoneの場合、次期OSであるiOS5からは
TwitterがOSと統合される予定なので、
iPhoneの写真とより密に連携することになります。

■Twitter – iOS 5に統合されています
http://www.apple.com/jp/ios/ios5/features.html#twitter

これは、iPhoneからだと
ツイッターへ写真が簡単に投稿できます、
というレベルじゃないですよね。

なんといっても「Twitter – iOS 5に統合されています」
といってるぐらいですから。

・一度「設定」でサインインしておけば、
 Safari、写真、カメラ、YouTube、マップから直接Twitterに投稿可能

・連絡先に友だちのTwitterのユーザー名とプロフィールの写真を管理

・どのアプリケーションからでも、位置情報を追加可能

と、iPhoneを持っている人は、
ますますツイッターが楽しめますね。

2011年08月11日 | 固有リンク |

 

< 新しい記事以前の記事 >

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

本件に関するコンサルティング・講演・執筆の依頼は
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください。

なお、ツイッターおよび各種サービスの操作方法に関しては
ご質問いただいても回答いたしませんのでご遠慮ください。