ブログアーカイブ: 2009年10月

twitter/ツイッターでキーワードで関連する人を一括フォローする方法

twitter/ツイッターの醍醐味としては
リアルタイムの情報共有ですよね。

そのためには、フォローしている人が
数人レベルでは、活用できる情報は
入手できません。

何十人、何百人とフォローしてこそ
オッと思える情報が入手できるのです。

ま、あまりフォローする人を増やしても
わけがわからなくなりますけどね。

でも、興味のある人って誰?というアナタに
オススメの方法があります。

アナタが気になるキーワードに関連する人を
一括でフォローする方法はコチラです。

me*you

これでアナタが気になるキーワードで検索して
関連する人を一括フォローしてみてくださいね。

わたしとあなたをつなぐTwitterぶら見&検索サービス~みゆ~
me*you

2009年10月21日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターの予約してつぶやくには

twitter/ツイッターのよいところは
リアルタイム性です。

しかし、そのため、twitter/ツイッターの
標準機能として、つぶやきの予約機能がありません。

今回は、それを補完する
twitter/ツイッターのつぶやき予約サービスを紹介します。

まずはコレ。

Twit Delay

これは、メニューも日本語で簡単に利用可能。
とにかく気軽に簡単にtwitter/ツイッターの
つぶやきを予約したいならオススメです。

他に、

Future Tweets

という海外のサービスもあり、こちらは、つぶやきが
日次、週次、月次、年次でスケジューリングもできます。

目的に応じて利用してくださいね。

twitter/ツイッター予約つぶやきサービス

メニューも日本語で、気軽に簡単。
Twit Delay

スケジューリング機能あり。
Future Tweets

2009年10月19日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターのフォローしているフォローされているの無料管理ツール

twitter/ツイッターを使いこなせば使いこなすほど、
フォローの管理が気になると思います。

自分がフォローされているのに、
こちらからフォローしてないと気になる、とか。

自分がフォローしているのに、
フォローされていないのは誰かな、とか。

そんなtwitter/ツイッターの
フォローしているフォローされているの
無料管理ツールはコチラ。

refollow

これは、フォローされているのに、フォローしていないのは誰か?
逆に、フォローしているのに、フォローされていないのは誰か?
というのが簡単に把握でき、一括で
フォローする、フォロー解除ができます。

これだけでもかなり便利ですが、さらに様々な条件で、
フォロー条件を絞りこめます。

例えば、
最近つぶやいている人は?
最近つぶやいていないのは?
以前フォローしていた人は?
今までフォローしていなかった人は?
といった条件のほか、キーワードでの絞りこみも可能です。

これで、アナタもtwitter/ツイッターの
フォロー管理を簡単に行ってくださいね。

twitter/ツイッターのフォローしているフォローされている管理
refollow

2009年10月19日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターの企業用アカウント運営で注意するセキュリティポイント

twitter/ツイッターの使い方として、
様々な告知用やユーザーとのやり取りのため
アカウントを用意する企業が増えています。

こうした場合、複数のユーザーが
企業用のアカウントの運営をする場合がありますが、
セキュリティポイントで注意するひつようがあります。

というのも、企業用のアカウントを
複数ユーザーで運営することが多いと思います。

せっかくユーザーが企業宛につぶやいてくれたなら、
フォローしなければtwitter/ツイッターの意味がありません。

このように企業用アカウント運営で注意する点としては、
1アカウントに対する、複数ユーザー管理があります。

パスワードを担当者にメールで知らせる、といった運用だと
セキュリティ面で不安ですよね。

これに関してオススメなのが、
HootSuite
です。

これで1人のユーザーの複数マルチアカウント管理もできますが、
それよりも使い方としても向いているのが
1アカウントに対する複数ユーザー管理です。

このサービスは、管理者が企業用アカウントに対して
ユーザーを追加していくので、一元的にユーザーを管理できます。

ということは、今誰が、ユーザーなのかを管理できるので、
つぶやけるのは誰かをキチンと管理できます。

しかも無料で利用可能です。

企業用アカウントだけでなく、
1つのアカウントを複数ユーザーで運営する場合など
便利ですね。

1つのアカウントに対する複数ユーザー管理
HootSuite

2009年10月19日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターでフォローできないときの原因と解決方法

twitter/ツイッターの活用方法の1つに、
いろんな人のつぶやきから情報を収集する
というものがあります。

そのためには、いろんな人をフォローしよう、と
バシバシフォローを増やしていくと、
あれ?フォローできない、という状態になる場合があります。

特に、
you are unable to follow more people at this time. Learn more here.
と、表示され、 here をクリックして
http://help.twitter.com/forums/10713/entries/14959
へジャンプしても
Entry not found
You do not have access to entry #14959. It may have been deleted.
となるため、原因がわからず、不安になるかもしれません。

もし、アナタがtwitter/ツイッターでフォローできないとしたら
これが原因だと思います。

http://help.twitter.com/forums/10713/entries/66885

要するに、
・1日1,000人以上フォローした場合
・1日250通以上のダイレクトメッセージを送信した場合
・1時間あたり150 API リクエストを送信した場合
・フォローの上限に達した場合(フォローする人が 2,001人になった場合)
この状態になると、アナタはもうこれ以上、
フォローする人を増やせません。

・1日1,000人以上フォローした場合
・1日250通以上のダイレクトメッセージを送信した場合
・1時間あたり150 API リクエストを送信した場合
の場合であれば、24時間経てば、フォローする人を増やせます。

しかし
・フォローの上限に達した場合(フォローする人が 2,001人になった場合)
の場合は、twitter/ツイッターの仕様なので、
24時間経ってもフォローする人を増やせません。

フォローする人を増やしたい場合は、
2,000人を超えると『フォローされている数*1.1しかフォローできない』らしいので、
フォローされている人が増えるのを待つか、
フォローする人を見直すかしてください。

アナタもこれで、
フォローできないときの原因を理解して、
あせらず対処してくださいね。

2009年10月19日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターで注目されているサイトを調べるには?

twitter/ツイッターを利用していると、
このサイトいろんな人がつぶやいてるな、
と思うことってありませんか?

逆に、twitter/ツイッターで今注目されているサイトって
なんだろうな?と思うことってありませんか?

そんなときはこれです。

Twib
tweetbuzz

両方とも、twitter/ツイッターでなにがよくつぶやかれている
サイトはなにで、そのサイトに対してそれぞれの人が
なにをつぶやいているのかがわかる、
ほとんど同じようなサービスですが、1つだけ違いがあります。

tweetbuzzの場合、各ユーザーが
なんのサイトに対してつぶやいているのかもわかります。

http://tweetbuzz.jp/user/(ユーザー名)
という感じで各ユーザーのつぶやきがわかります。
ま、すべてのつぶやきを収集しているわけではないのです、
これから、というところ感じですが。

twitter/ツイッターでなにが注目されているかを調べるには?
Twib
tweetbuzz

2009年10月19日 | 固有リンク |

twitterのフォローする人を増やす:友達の友達は友達だ

twitter/ツイッターをはじめたばっかりの人に多いのは、
いまいちtwitter/ツイッターが楽しめません、
ということだと思います。

まずは、twitter/ツイッターのフォローしている人を
増やすのがオススメなのですが、じゃあ、
誰をフォローすればいいのか?

面白いこと、タメになることをつぶやく人を
フォローするというのもありますが、
別の増やし方があります。

Twubble

これは、自分がフォローしている人が
誰をフォローしているのを判断して、
友達の友達は友達だ的な考え方で
Twitterのフォローを増やすサービスです。

誰をフォローしたらいいかわからない、というアナタへオススメです。

twitter/ツイッターの友達の友達は友達だ的にフォローを増やす
Twubble

2009年10月12日 | 固有リンク |

twitter,ブログ,メルマガ,Facebook,mixi,Flickr,FriendFeedの統合

ブログを複数更新し、メルマガを配信して、twitterでつぶやき、
Facebookやmixiで友人・知人とコンタクトし、Flickrで写真を投稿するのを、
FriendFeedで統合する。

最近いろいろなwebサービスがあって、
いろいろありすぎて逆に面倒になったり、
使わなくなったりしてませんか?

そこで、ツイッターマスター自身が
twitter,ブログ,メルマガ,Facebook,mixi,Flickr,FriendFeedを
どう統合しているのか解説します。

アナタの参考になれば幸いです。

やりたいこと

■ブログの更新、メルマガの配信を、
twitter、mixi、Facebookに自動で知らせたい。

ブログやメルマガの更新を、
twitterやmixiやFacebookにいちいちそれぞれに、
更新しました~、と書き込むのは面倒なんですよね。

しかも、ブログ更新やメルマガ配信は事前に予約していて、
その予約時間に合わせて、手動で更新をお知らせするのは、本末転倒ですし。

■twitterとmixiとFacebookへは、
一括で同じ投稿ができるようにしたい、携帯からも投稿したい

同じ内容をそれぞれ投稿するのも面倒なので、
1回の投稿で、3つ全てに反映させるようにしたい。

もちろん、携帯からも投稿できるようにしたいです。

■twitterとmixiとFacebookは、個別の投稿もできるようにしたい

全て同じ投稿だけでなく、
それぞれ別に投稿したい場合があるので、
それに対応したい。

というのも、twitterはtwitterのやり取りがあるし、
mixiはmixiのやり取りがあるし、
FacebookはFacebookのやり取りがありますよね。

「@twtmaster 参考になりました」
なんてことを、mixiやFacebookには投稿できませんからね。

「XXさん、お久しぶりです。」
っていう、Facebookの知り合いへのコメントは、
twitterやmixiでは関係ないですからね。

■写真は写真でひとまとめにして見たい、携帯でも投稿したい、
twitterとmixiとFacebookへ知らせたい

写真を公開したい場合、mixiやFacebook、
それぞれのサービスでも公開できますが、
それはそれぞれのサービスの中でしか見れません。

twitterやブログでも公開できるようにしたいし、
写真は写真でひとまとめにして見たい。

さらに、携帯でも写真を公開できるようにしておきたい。

さらに、写真の投稿を、twitterとmixiとFacebookへも知らせたい。

解決策

■FriendFeedを使う

FriendFeeedってなに?というアナタ向けに簡単に説明しますね。

FriendFeeedとは?

friendfeedはさまざまウェブサービスをアグリゲートするライフストリーミング・サービス。現在多くあるライフストリーミング・サービスの中で、friendfeedは元グーグル社員(Bret Taylor氏、JimNorris氏、Paul Buchheit氏、Sanjeev Singh氏)により開発されていることで話題に。

http://friendfeed.com/

2008年12月から英語に加え、日本語、簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語の計7言語に対応*1。

本社はカリフォルニア州シリコンバレー。

といわれても、いまいちわかりにくいですよね。

簡単にいうと、いろんなサイトの更新情報を
1つにまとめて表示する、ってことなんですけど、
FriendFeeedはまとめて表示するだけではありません。

まとめたものを、twitterやFacebookやmixiに
反映させることができます。

つまり、ブログ,メルマガ,Flickrなどの更新情報を、
FriendFeedに全て集めて、
twitter,Facebook,mixhへ反映させる、ということです。

やったこと

大雑把にいうと

■FriendFeedへ更新情報をまとめる
■FriendFeedから更新情報を配信する

の2つのステップになります。

で、まずは

■FriendFeedへ更新情報をまとめる

です。

・FriendFeedへ、ブログの更新情報をまとめる

FriendFeedの設定>サービスから追加/編集を選択します。
で、Blogを選択します。複数のブログを運営しているので、
複数のブログを追加します。

・FriendFeedへ、メルマガの更新情報をまとめる

FriendFeedの設定>サービスから追加/編集を選択します。
で、Blogを選択します。ここで、更新情報を配信している
RSSフィードを登録します。

・FriendFeedへ、Flickrの更新情報をまとめる

FriendFeedの設定>サービスから追加/編集を選択します。
で、Flickrを選択します。

これで、ブログとメルマガとFlickrの更新情報が
FriendFeedにまとまりました。

ちなみに、Flickrへは携帯からも画像がアップロードできます。
FlickrのYour Account>Email>Your Flickr upload email
で、アナタ専用のメールアドレスを確認します。

そのアナタ専用のメールアドレス宛てに
画像を添付してメールを送信すると、
件名がつぶやき内容としてアップロードされます。

これで

■FriendFeedへ更新情報をまとめる

は終了です。次は

■FriendFeedから更新情報を配信する

で、まずは

・FriendFeedから、twitterへ配信する

FriendFeedの設定>Twitter 投稿の優先設定を選択します。

そして、
Check ‘Cc Twitter’ box by default
FriendFeed での会話ではなくソース サイトにリンクする(コメントには適用されません)
Post my FriendFeed entries on Twitter by default
にチェック。
「投稿対象」は空白、
「以下サービスからのエントリーを投稿」は全サービス(Twitter を除く)を選択。

これで、FriendFeedにまとまった更新情報がtwitterへ配信されます。

・FriendFeedから、mixiへ配信する

これはmixi側の設定になります。
mixiの設定変更>その他変更>RSSのURLに
FriendFeedのRSSフィードを入力します。

http://friendfeed.com/(アナタのFriendFeedのアカウント名)?format=atom

という形式です。

これで、FriendFeedにまとまった更新情報が
mixiの日記のタイトルとURLとして配信されます。

・FriendFeedから、Facebookへ配信する

これもFacebook側の設定になります。
ちょっと変わってまして、画面の左下に現れている
アプリケーションというリンクをクリックし、
他のアプリケーションを選択。

そこで、FriendFeedで検索し、FriendFeedを選択。

アプリケーションへ移動リンクをクリックして、
コネクトをクリックしたあと、許可するをクリックすればOKです。

これで、FriendFeedにまとまった更新情報がFacebookへ投稿されます。

使い方

・つぶやく

Friendfeedで投稿すると、twitterとFacebookとmixiへ
多少のタイムロスはありますが、一気に反映されます。

なお削除したい場合は、Friendfeedの投稿をつぶやいた後、
twitterのつぶやきとFacebookの投稿を個別に削除すればOKです。
mixiへは、自動的に反映されます。

・個別につぶやく

これはそのままです。
twitter、Facebook、mixiへ個別にしてください。

・携帯からつぶやく

Friendfeedの登録アドレスから
share@friendfeed.com宛てに投稿すると、
twitterとFacebookとmixiへ
多少のタイムロスはありますが、一気に反映されます。

Friendfeedの登録アドレスではなく、携帯メールから
share@friendfeed.com宛てに投稿すると、
承認が求められます。

オススメとしては、GmailなどをFrinedfeedの
登録アドレスにして、Gmailを携帯から送信するやり方です。

twitterだけでいいから、もっと気軽につぶやきたい、
という場合は、movatwitter/モバツイッターをオススメします。

・写メをアップロードする

先ほど解説した、Flickrでのアナタ専用のメール宛てに、
画像を添付したメールを送信すると、
送ったメールの件名とアップロードした写真のURLが、
つぶやき内容として、twitter、mixi、Facebookへ配信されます。

・写真をアップロードする

写真をFlickrにアップロードして、件名を入力すると、
件名と写真のURLが、つぶやき内容として、
twitter、mixi、Facebookへ配信されます。

・ブログを更新する

ブログを更新すると、記事のタイトルとURLが
つぶやき内容として、twitter、mixi、Facebookへ配信されます。

・メルマガを配信する

まぐまぐでメルマガを配信すると、メルマガのタイトルと
まぐまぐでのそれぞれの記事URLが、
つぶやき内容として、twitter、mixi、Facebookへ配信されます。

以上です。

設定も、こう書くと面倒くさそうですが、
やるとあっという間に終わります。

そのわりには、スゴイ便利です。

一度設定してしまえば、面倒な作業がなく、
全て自動で連動してくれます。

アナタがいろんなwebサービスを利用している場合は、
オススメです。

質問や、もっといいやり方あるよ、
といった情報があれば、
是非、この記事のコメント欄に記入してくださいね。

アナタの参考になれば幸いです。

2009年10月09日 | 固有リンク |

twitter/ツイッターの複数マルチアカウントを一括管理するには?

アナタがtwitter/ツイッターの複数アカウントを
持っていますか?

もしtwitter/ツイッターのアカウントを持っているとして、
それぞれのアカウントを切り替えるために
いちいちいログオフしてログオンするのは
面倒ですよね?

そんなアナタにはこれがオススメです。

Splitweet

このサービスでは、twitter/ツイッターの
複数アカウントのタイムラインが統合されていたり、
複数のアカウントに一斉につぶやけたり。

twitter/ツイッターの複数アカウントを持って、
いちいちログオフしてログオンするのが
面倒だと思っているのであれば、
かなり使えますよ。

これでアナタもtwitter/ツイッターの複数マルチアカウントを
便利に管理してくださいね。

マルチTwitterアカウント統合管理サイト
Splitweet

2009年10月08日 | 固有リンク |

ブログに「この記事をtwitterへRTする」ボタンをつける方法

ブログの記事で
あー、この記事をtwitterへRTしたいなー、
と思うことありませんか?

その度毎に、ブログの記事のタイトルやURLを
コピーアンドペーストするのは、
かなり面倒ですよね。

その点、ブログに「この記事をtwitterへRTする」ボタンをついてて
そのボタンを押すだけで、

RT (ブログ記事タイトル)(ブログ記事URL)

ってなったら便利です。

ということで、ブログ運営者が自分のブログに
「この記事をtwitterへRTする」ボタンをつけて、
自分のブログ記事をRTしてもらいやすくするための
方法を解説します。

・twitterアイコンを自分のパソコンへ保存する
twitter/ツイッターアイコン

・twitterアイコンをサーバーへアップロードする

・「この記事をtwitterへRTする」アイコンを設置する箇所にタグを書く
<a href=”http://twitter.com/home?status=RT @(アナタのtwitterアカウント)(記事のタイトル)(記事のURL)” target=”_blank” title=”この記事をtwitterへRTする”><img src=”(twitterアイコンのURL)” alt=”twitterへRTする” width=”16″ height=”16″></a>

ちなみにアナタのブログがWordPressの場合は、

<a href=”http://twitter.com/home?status=RT @(アナタのtwitterアカウント)<?php wp_title(); ?> <?php the_permalink(); ?>” target=”_blank” title=”この記事をtwitterへRTする”><img src=”(twitterアイコンのURL)” alt=”twitterへRTする” width=”16″ height=”16″></a>

となります。

参考までに、このブログでのタグは

<a href=”http://twitter.com/home?status=RT @twtmaster<?php wp_title(); ?> <?php the_permalink(); ?>” target=”_blank” title=”この記事をtwitterへRTする”><img src=”http://twtmaster.com/wp-content/uploads/2009/10/twitter.gif” alt=”twitterへRTする” width=”16″ height=”16″></a>

となっています。

ついでに、FC2ブログでは、多分

<a href="http://twitter.com/home?status=RT @(アナタのtwitterアカウント) <%topentry_enc_utftitle> <%topentry_link>" target="_blank" title="この記事をtwitterへRTする"><img src="(twitterアイコンのURL)" alt="twitterへRTする" width="16" height="16"></a>

だと思います。

これで、アナタのブログにも
「この記事をtwitterへRTする」ボタンをつけて
RTされやすくしてくださいね。

2009年10月07日 | 固有リンク |

 

以前の記事 >

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

本件に関するコンサルティング・講演・執筆の依頼は
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください。

なお、ツイッターおよび各種サービスの操作方法に関しては
ご質問いただいても回答いたしませんのでご遠慮ください。