2009年最も使用された英単語は「Twitter」だが?

米国で「Twitter」のサービスが始まったのは2006年7月、
日本語板は08年4月にスタート。

そんななか、

2009年最も使用された英単語は「Twitter」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091201_332502.html

というまで、成長しました。

Global Language MonitorのプレジデントであるPaul JJ Payack氏は「世界を揺るがす政治イベント、パンデミック、破壊的な金融危機、世界的なポップスターの死によって際だったこの年に、これらすべてよりも多く使われた言葉はTwitterだった」と述べ、このサービスの影響力の強さに言及している。

とあるように、今年こそがtwitter元年なんですね。

しかし、意外と、流行するまでに、結構時間がかかっているなー、
というのが感想です。

 

 
twitterへRTする | 2009年12月10日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー: ツイッター タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

前後の記事

→ 2009年最も使用された英単語は「Twitter」だが? ←

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

本件に関するコンサルティング・講演・執筆の依頼は
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください。

なお、ツイッターおよび各種サービスの操作方法に関しては
ご質問いただいても回答いたしませんのでご遠慮ください。